• ホーム
  • ライフスタイル
  • ラグジュアリーにグランピング! 四万十の星空を一望できる“高知初”のドーム型テントの新エリア登場

ラグジュアリーにグランピング! 四万十の星空を一望できる“高知初”のドーム型テントの新エリア登場

サービス

2021/10/27 20:00

 ブッキングリゾートは10月27日に、同社が運営するグランピング施設・リゾートヴィラに特化した予約サイト「リゾートグランピングドットコム」において、高知県高岡郡四万十町のグランピング施設「スカイヒルグランピング~四万十の星空~」を新エリアとして拡張し、全天候型の快適なドーム型テントの予約受付を開始した。

「スカイヒルグランピング~四万十の星空~」新エリアのイメージ

 スカイヒルグランピング~四万十の星空~の新エリアは、各客室で半露天の楽しめる風呂/トイレを完備し、高知名産のカツオのたたきなど日常では味わえない食事を楽しめるアウトドアスペースも備えた、ラグジュアリーなグランピング施設としてリニューアルされる。
 
テント内のイメージ

 エリア内には、直径7m仕様のドームテントと、プライベートプールを備えた直径10m仕様のドームテントが導入される。ドームテントは悪天候や寒さにも非常に強く、室内には冷暖房が完備しているので、1年を通じて快適に過ごせる二重構造で、本格的なアウトドアを楽しめる。
 
直径7m仕様のドームテントと(上)と、
プライベートプール付きの直径10m仕様のドームテントを用意

 直径10m仕様のドームテントは、最大12名まで宿泊可能で、3世代の大家族やグループでの旅行に適している。また、パーソナルスペースに設置されたプライベートプールには、小さな子どもが楽しめるキッズエリアも用意する。

 素泊まりでの、1名あたりの宿泊料金は、直径7m仕様のドームテントが8800円から、直径10m仕様のドームテントが1万800円から。

オススメの記事