BSL、Windows 11対応の「かるがるできる22」「らくだ22」シリーズを発売

新製品

2021/10/14 14:00

 BSLシステム研究所は、「かるがるできるシリーズ」や「らくだシリーズ」のデスクトップアプリケーション全14タイトルを、Windows 11にも対応した「かるがるできる22シリーズ」と「らくだ22シリーズ」としてリニューアルする。さらに顧客の好評に応え、今回も「らくだ22シリーズ」の全製品に15カ月間の無償保守サービスを付加して、10月14日に店頭発売する。

「かるがるできる22シリーズ」と「らくだ22シリーズ」

 「かるがるできる22シリーズ」と「らくだ22シリーズ」は、マイクロソフトからアップデートなどで提供されるWindows 11に対応。また、その後のWindows 11のアップデートにも対応を続ける。

 昨シーズンから提供を開始した「15か月間の無償保守サービス」は、コロナ禍にも関わらず多くの顧客の支持を得ることができ、全国の主要家電量販店ネットショップからPC本体やデジタル家電などのPOSデータを毎日収集・集計しているBCNランキングの給料部門と販売・在庫部門で売上本数シェアNo.1を獲得した。

 そこで、感謝を込めて「らくだ22シリーズ」の全8タイトルに、引き続き「15か月間の無償保守サービス」を提供する。これにより目まぐるしく変わりつつある法律や各制度への対応だけでなく、OSのバージョンアップなど運用環境の変化にも、より安心して対応することができる。
 
リニューアル新発売するタイトル一覧

 さらに、BCNランキングにおける低価格帯売上本数11年連続No.1の感謝を込めて、「かるがるできる22シリーズ」の全6タイトルに、昨年に引き続き1年間の無償保守サービスを提供する。これにより税制関連の法改正や祝日関連の改正などへの対応だけでなく、OSのバージョンアップなど運用環境の変化にも、幅広く対応することが可能となる。

 また、操作マニュアルが同梱されている業務ソフトが少なくなる中、低価格の「かるがるできるシリーズ」にもマニュアルを同梱。さらに、挫折をしないための方法として、マニュアルと一緒に活用できるビデオを自社ウェブサイトに用意した。

 これにより、活字だけではわかりにくい部分も理解しやすくなり、より安心して導入できるようになった。ビデオは随時、最新版の内容に更新していく予定。使い勝手の面についても、ユーザーから寄せられた要望などを分析し、質問の多かった機能を見直した。
 

オススメの記事