「経理の日」特設ウェブサイト公開、弥生から

販売戦略

2021/03/31 15:32

 弥生は、「経理の日(3月31日)」に今後の経理を考えるきっかけづくりを目的とした特設ウェブサイトを公開した。


 多くの企業が決算日を迎える3月31日は、会計年度の最終日として重要であるとともに、経理業務の区切りとしても大事な日となる。弥生は、3月31日を「経理の日」と定め、16年に日本記念日協会から認定を受けている。

 今回、経理の日に際して「これからの経理を考える」をテーマにした特設ウェブサイトを公開した。「これからの経理と経営」と「経理担当者の今を知る」の二つを軸に、会社経営にとっての経理、経理部門の働き方など、「経理の日」だからこそ考えたいコンテンツを用意している。

 「これからの経理の経営について考える」では、元ミクシィの社長兼CEOで、現シニフィアン共同代表の朝倉祐介氏と弥生の社長である岡本浩一氏との対談動画のほか、5人の専門家による「新しい時代に経営者がもつべき考え方とは」の記事を公開。「経理担当者の今を知る」では、現役経理担当者の座談会レポートや、経理担当者への働き方に関するアンケート結果を公開する。

 さらに、経理担当者への日ごろの感謝を込めて、テレワークにも活用できるバランスチェアや、経理の日オリジナルクオカードが抽選で当たるプレゼントキャンペーンも実施する。

 20年度は、コロナ禍という未曽有の事態を通して、人々の価値観が大きく変わった1年となった。弥生の顧客であるスモールビジネスにとっても、休業要請や営業時間の短縮、テレワークへの切り替えなど、これまでと違った経営や働き方が求められている。このことから弥生は、「経理の日」が変化していく時代の中、これからの経理を考えるきっかけになることを願い、今回の特設ウェブサイトを企画した。

オススメの記事