弥生、インボイス制度開始に向け情報提供サイトを公開!

サービス

2021/07/28 15:30

 弥生は7月26日に、2021年10月の適格請求書発行事業者の登録申請開始に向けた、事業者への情報発信を目的とした特設ウェブサイト「インボイス制度あんしんガイド」を公開した。

インボイス制度あんしんガイド

 10月に開始される適格請求書等保存方式(インボイス制度)は、複数税率の導入後、消費税の仕入税額控除の金額を正しく計算するために導入される制度で、導入されると発注側の仕入税額控除の要件として、適格請求書発行事業者が発行する適格請求書(インボイス)を受領することが求められる。

 一方で、適格請求書発行事業者には課税事業者でなければ登録できないため、免税事業者はインボイスの発行ができず、課税事業者となって適格請求書発行事業者として登録するか、現在のまま免税事業者でいるかの判断が必要となる。

 「インボイス制度あんしんガイド」は、そのようなインボイス制度における事業・業務を支援すべく公開されており、同社の製品のユーザーだけでなく、すべての事業者に対してインボイス制度に関する情報を提供する。

 具体的には、インボイスを発行するために必要な適格請求書発行事業者の申請から登録までの流れについて解説した「インボイス制度への対応」、インボイス(適格請求書)の形式、インボイス(適格請求書)を発行できない事業者からの課税仕入の対応方法、消費税額の計算、適格請求書を発行しなくてよいケースなど、事業者が業務において具体的にどのような対応をしなければならないのかを解説した「インボイス(適格請求書)への対応」を用意している。
 
免税事業者の対応(上)と、請求書と
納品書の両方でインボイス(適格請求書)に必要な
すべての項目の記載例

 公開時点では、適格請求書発行事業者の登録申請開始に向けて、事業者の疑問・課題を解決するコンテンツや、適格請求書発行事業者の申請から登録までの流れについて説明しており、今後も事業者に役立つコンテンツを随時、拡充していく。

オススメの記事