丸亀製麺、肉と野菜たっぷりの「ちゃんぽんうどん」! 担々まぜ釜玉うどんも登場

新製品

2021/10/14 06:30

 丸亀製麺が展開する讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は、秋の人気商品「ちゃんぽんうどん」を、10月19日から12月上旬まで全国の丸亀製麺で、期間限定で販売する。また、一部店舗では、黒マー油と山椒の香りが食欲をそそる「担々まぜ釜玉うどん」も販売する。
 

丸亀製麺の「ちゃんぽんうどん」

 「ちゃんぽんうどん」は、打ち立て・茹でたてのもちもちのうどんと、彩り豊かな具材、ちゃんぽんだしが絡み合う店内限定の商品。毎回注文を受けてから目の前で仕上げるため、できたてで熱々の一杯を提供する。
 
注文を受けてから目の前で仕上げる

 彩り豊かな具材は、豚肉、キャベツ、にんじん、コーン、さつま揚げ、たまねぎ、かまぼこ、刻みねぎの8種類。それぞれの食感や味わいを存分に楽しめる。注文を受けてから具材をちゃんぽんだしと合わせることで、野菜本来の甘味や旨みを引き出している。

 豚骨仕立てのちゃんぽんだしは、北海道産の真昆布や厳選したかつお節などを使い、毎日すべての店で数時間おきに引く白だしをベースにしている。そこにコク深い豚骨スープを合わせて旨みたっぷりのだしに仕立てている。具材とだしを一緒に煮出すことで、豚や魚介の旨みと野菜の甘味がだし全体に凝縮し、うどんのくびれに絡み合い相性は抜群とのこと。最後の味の決め手は黒胡椒。打ち立てうどん、具材、ちゃんぽんだしのおいしさが際立つ一品だ。

 また、黒マー油と山椒の香りが食欲をそそる「担々まぜ釜玉うどん」は、茹で釜から直接すくいあげたもちもちの麺の上に、和風仕立ての濃厚なごまだれを加える。さらに、口に入れた瞬間からじわりと染み渡る辛さを楽しめる本場四川の担々ミンチ、香ばしい香りと食感にアクセントをもたらしてくれるザーサイと白髪ねぎ、刻みのり、辛みカツオ粉、仕上げに温泉玉子を添えた、シビれる辛さを味わえるひと品。混ぜれば混ぜるほど、打ちたて・茹でたてのもちもちの麺と食感の違う具材、まろやかな温泉玉子、濃厚なごまだれが一体となって、旨みが深くなりうどんのおいしさが引き立つ。
 
「担々まぜ釜玉うどん」

 価格は、「ちゃんぽんうどん」が並690円、大800円、得910円。「担々まぜ釜玉うどん」が並590円、大700円、得810円。

オススメの記事