• ホーム
  • ライフスタイル
  • 富士フイルム独自の抗菌技術を使った「アルコールスプレー」で「進撃の巨人」コラボモデル登場

富士フイルム独自の抗菌技術を使った「アルコールスプレー」で「進撃の巨人」コラボモデル登場

新製品

2021/09/17 10:00

 富士フイルムは10月1日に、環境清拭材「Hydro Ag+(ハイドロ エージープラス)アルコールスプレー(60%)」の、テレビアニメ「進撃の巨人」デザインをあしらった限定コラボレーションパッケージを数量限定で発売する。ラインアップは200mlと480mlスプレーの2種で、価格はどちらもオープン。
 

「Hydro Ag+アルコールスプレー(60%)」の「進撃の巨人」コラボパッケージ 200mlスプレーはリヴァイ×2種、エレン×2種、ミカサ、アルミンの計6デザイン、480mlスプレーはリヴァイ×2種、エレン×2種、ミカサ、アルミンの計6デザインを用意

 「Hydro Ag+アルコールスプレー(60%)」は、独自の抗菌技術「Hydro Ag+」によって、銀系抗菌剤と室内で硬化する超親水ポリマーがアルコール溶液中に安定的に分散され、対象物が濃度60%のアルコールで除菌される。対象物の表面に銀系抗菌剤を含む超親水コーテイング層が形成され、アルコールが蒸発した後も除菌効果が約1カ月持続する。

 なお、480mlスプレーはAmazon.co.jp、Yahoo!ショッピング、富士フイルムアスタリフトショップ(六本木、銀座)のみ取り扱う。
 
「進撃の巨人」コラボパッケージの発売にあわせて、プロモーションも実施

 コラボパッケージの発売にあわせて、「進撃の巨人」きっての綺麗好きであるリヴァイ兵長が、調査兵団内に「除菌特殊部隊」を新設し、「Hydro Ag+アルコールスプレー」を駆使して除菌活動を推進していくプロモーション動画を公開する。公開は特設ウェブサイトで10月1日に予定する。また限定オリジナルアクリルスタンドなどコラボ限定アイテムが当たるSNSキャンペーンの実施を予定している。

オススメの記事