• ホーム
  • ライフスタイル
  • テクニクスの完全ワイヤレスイヤホン、テレワークの通話音声をクリアにする独自技術搭載

テクニクスの完全ワイヤレスイヤホン、テレワークの通話音声をクリアにする独自技術搭載

 パナソニックは10月15日に、「テクニクス」の音響技術を搭載し、快適な通話を可能にする独自の通話音声処理技術と、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現したBluetooth 5.2対応完全ワイヤレスイヤホン「EAH-AZ60」を発売する。カラーはブラック、シルバーの2色。価格はオープンで実勢価格は2万9000円前後の見込み。

パナソニックのテクニクスブランドの完全ワイヤレスレスイヤホン「EAH-AZ60」

 EAH-AZ60は、テクニクスにおけるHi-Fiオーディオ機器の開発で培った音響技術を備え、直径8mmのダイナミック型ドライバーを搭載するとともに、広帯域再生能力を引き出す「アコースティックコントロールチャンバー」や新開発の「ハーモナイザー」を採用している。さらに、ハイレゾ音源を伝送できるLDACに対応しているので、ワイヤレスイヤホンながらハイレゾ音質を楽しめる。
 
「EAH-AZ60」

 アコースティックコントロールチャンバーは、ドライバーの後端に空間を設け、ドライバーの空気の流れを精密にコントロールする独自の音響構造で、低音域やボーカル帯域の帯域バランスを整えて、力強い低域とリアルなボーカルを再現する。また、ハーモナイザーは空気の流れを最適化し、高音域の周波数特性の乱れを改善することで、自然で伸びのある高音の再現を可能にしている。
 
本体内部の「アコースティックコントロールチャンバー」と「ハーモナイザー」の配置イメージ

テレワーク時の周囲の騒音を低減する

 外出先での通話やオンライン会議の増加を受けて、快適な通話の実現に向けてビームフォーミング技術や音声解析技術などを組み合わせた独自の通話音声処理技術「JustMyVoice」テクノロジーを搭載。話中の周囲のノイズと発話者の声を判別し、ノイズを低減することで快適な通話を実現した。

 本体片側には、発話検知マイクと高性能MEMSマイク×3基を備えており、通話時には発話検知マイクを含む片側3基のマイクを使用し、独自のアルゴリズムによる音声解析を1秒間に1万5000回以上行う。

 音声解析では、音の発生の検知、音が発生した方向、周囲の人の話し声といった要素を解析し、発話者の音声だけを検知して、それ以外の音を低減することによって、発話者の声だけをクリアな音声で伝えられる。

 なお、周囲の音や発話者の声を拾うフィードフォワード用マイクと通話用マイクには、それぞれのマイクの開口部に金属メッシュを配置することで風の入り込む量を制限し、風切り音による不快なノイズの発生を低減する、風切り音低減構造を採用した。
 
本体に搭載されたマイクには風切り音低減構造を採用

 そのほか、周囲の音をそのまま拾い上げる「トランスペアレントモード」と、音楽を一時停止して周囲の会話やアナウンスなど人の声に特化して周囲の音を取り込む「アテンションモード」の2種類のアンビエント(外音取り込み)機能をシーンに合わせて使い分けることができる、スマートフォン向けの専用アプリ「Technics Audio Connect」も用意する。

 バッテリ駆動時間は、本体のみの場合、ノイズキャンセリング・オン時が約7.0時間、ノイズキャンセリング・オフ時が約7.5時間、付属の充電ケースを組み合わせた場合はノイズキャンセリング・オン時が約24時間、ノイズキャンセリング・オフ時が約25時間。

 対応BluetoothプロファイルはA2DP、AVRCP、HSP、HFP。対応コーデックはSBC、AAC、LDAC。本体片側のみの重さは約7g、充電ケースの重さは約45g。

オススメの記事