ブリヂストンの新型ロード「ANCHOR RP9」、SHIMANO新型コンポーネント搭載

新製品

2021/09/03 09:00

 ブリヂストンサイクルは、スポーツバイクブランド「ANCHOR(アンカー)」が展開する、高みを目指し挑戦し続ける競技者向けのプロダクトライン「レーシングライン」から、世界を制したトラックバイクの遺伝子を受け継ぐ新型ロードバイク「ANCHOR RP9」を、9月下旬に発売する。

ブリヂストンの新型ロード「ANCHOR RP9」

 RP9は、自転車競技トラック日本代表に供給し使用されたトラックバイクの開発で磨きをかけたブリヂストン独自の解析技術「PROFORMAT(プロフォーマット)」を用いて開発した新型ロードバイク。

 これまでチームブリヂストンサイクリングの走りを支え、国内レースで数々の勝利を挙げてきた「RS9」と「RS9s」をさらに進化させるために、空力・重量・剛性を高次元でバランスさせ、平地巡航・登坂・アタックなど、あらゆる環境の入り乱れるステージレースを1台で勝てるバイクを目指した。

 完成車には、SHIMANO新型コンポーネントを搭載したDURA-ACEモデルとULTEGRAモデルの2モデルをラインアップ。カラーは、レーススタイルの2色展開で、レーシングブラックと、自転車競技トラック日本代表に供給し使用されたトラックバイクのデザインを踏襲したレーシングカラーを設定した。

 レーシングカラーは、自転車競技という「戦」に挑戦する日本代表選手を「侍」と捉え、「夜明けの侍」というコンセプトでデザインされたもの。「夜明けの太陽」を表現した赤と黒のグラデーションと、「刀」を表現した白銀色で構成されており、その塗装は、同社上尾工場の職人が1本ずつ丁寧に手作業で仕上げる。

 価格は、DURA-ACEモデルが121万円、ULTEGRAモデルが66万円、フレームセットが49万5000円。なお、レーシングカラーは、16万5000円のアップチャージで選択が可能となる。

オススメの記事