「ちばアート祭2021」にてチームラボのパブリックアートなどが7/31から無料公開!

イベント

2021/07/21 10:00

 アート集団チームラボは、千葉県千葉市で開催される「ちばアート祭2021」で、人々のふるまいや、風や雨など自然の影響を受けて光や音がインタラクティブに変化する作品空間を、7月31日から9月5日まで千葉ポートパークに展示する。千葉ポートパークというパブリックな場所が、夕方から夜にかけて、誰でも無料で体験できる没入的なアート空間に変わる。


 ちばアート祭で展示する作品空間は、自然の中で吹く風や雨、そこにいる人々のふるまいの影響を受けながらインタラクティブに変容し、自然と人々を作品の一部にする。それにより、作品と人々と自然、それから自分と他者が、境界なく連続し合う。向こうの方から光や音が押し寄せてくれば、向こうに人がいるのかもしれないし、風が吹いたのかもしれない。人々は、同じ空間にいる他の人々の存在を、そして自然環境のふるまいを普段より意識することになる。

 今回の作品展示により、千葉ポートパークが、人々の存在、そして自然のふるまいによって変化するアート空間へと変わる。なお、この展示では、新しい作品の公開も決まっている。

 ちばアート祭は、千葉県主催の文化プログラム。東京オリンピック・パラリンピック競技大会の文化プログラムの一環として、ちばの多彩な文化的魅力を存分に感じ楽しんでもらえるよう、千葉の文化的魅力を集めた「次世代に残したいと思う『ちば文化資産』」を会場や作品テーマに開催する。期間中は、チームラボ作品展に加え、千葉県立美術館などで、千葉県にゆかりのあるアーティストの屋外作品や一般公募した絵画・写真作品も展示される。

オススメの記事