タカノフルーツパーラーから桃のシーズナルメニューが期間限定で登場

新製品

2021/07/15 16:00

 タカノフルーツパーラーは、タカノフルーツパーラー新宿本店で、7~8月にかけて「桃」をシーズナルメニューとして展開する。また、白桃の代表的な産地「岡山県」の桃も提供する予定。

シーズナルメニューは「桃」

 夏を代表する果実「桃」。なめらかな姿の果肉からはみずみずしい果汁があふれ、甘い香りを放つ。タカノフルーツパーラーでは今回、シーズナルメニューを「桃」とし、8月31日まで様々なデザートを提供する。きめ細やかな口当たりの桃を、食べ頃を見極めてデザートに仕立てた「桃のパフェ」、「桃のプレートデザート」、「シーズナルトライフル 桃」(コーヒーまたは紅茶付)を販売する。このほかにも、ワッフルやジュース、カットフルーツなども用意している。

 また、タカノフルーツパーラー新宿本店では、岡山県産桃を主役としたパフェも提供する。岡山の桃の一番の特長は、その上品なまでの白さ。この白さの秘密は、岡山ならではの袋掛栽培。太陽の光を直接浴びない桃は赤く色づかず、透き通るように白くてなめらかな口あたりの桃に育つという。さらに、岡山県のオリジナル品種「おかやま夢白桃」のパフェも8月に提供する予定。

 岡山県産の桃は、新宿本店限定でコースメニューにも仕立てている。甘辛ソースがけのローストポークにも桃を合わせ、肉の旨みに桃の香りやみずみずしい果汁がマッチしている。そのほか、前菜やスープ、デザートまでひとつひとつ、岡山県産桃を楽しむことができる。

 なお、平日のコース提供時間中は、コースデザートの1品にもなっているパレットを単品でも注文することができる。パレットは、ミルフィーユやミニトライフル、エスプーマなどの様々なパーツのデザートプレートに、ミニパフェをセットにしたメニューとなっている。

 そのほか、7月20日と8月6日に開催する1dayイベント「旅するフルーツ」では、テーマフルーツを味わいながら、映像やトークショーを通して産地の魅力を体感できる。

オススメの記事