在宅ワークで部屋に絵を飾る需要が急増中!?絵画をサブスクで提供

サービス

2021/07/09 09:00

 絵届け問屋「kousuke」は7月7日、新サービス「絵画のサブスクリプション」の提供を開始した。

ユニークで独創的な太田宏介氏の絵画を安価に楽しめるサブスクが提供開始

 画家・太田宏介氏による絵画のレンタルサービス。新型コロナ禍で絵画の購入やレンタルの依頼が急増しており、テレワークの推奨によってとりわけ都市圏を中心に、絵画の需要が急速に高まっているという。

 絵画のサブスクリプションは、こうした絵画へのニーズの高まりを受けて開始された新サービスで、従来のレンタルサービスよりもさらに利用しやすくなり、3号サイズ(273×242mm)なら月額3300円、8号サイズ(455×380mm)なら月額5500円で楽しめる。

 従来の絵画レンタルで主流だった、8号サイズに加えて、個人や賃貸マンションに住む人にとって手頃なサイズである3号サイズを追加し、より利用しやすい価格を実現した。
 
画家・太田宏介氏

 絵画は好きなタイミングで交換でき、3カ月以上レンタルした絵画なら交換時の送料を無料にする。なお、絵画は全国どこでも送付可能で、初回の送料は無料。

オススメの記事