丸亀製麺、冷やしうどん人気No.1! 「鬼おろし肉ぶっかけうどん」登場

新製品

2021/06/03 20:00

 丸亀製麺が展開する讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は、夏を楽しむための“夏うどん”シリーズとして、「鬼おろし肉ぶっかけうどん」を、6月8日から7月下旬まで全国の丸亀製麺で販売する。甘辛く炊いた牛肉とシャキシャキでみずみずしい鬼おろしに柑橘香る特製ポン酢が特徴。価格は並が690円、大が800円、得が910円。歴代冷やしうどん人気NO.1のメニューだ。

「鬼おろし肉ぶっかけうどん」

 同商品は、茹でたての麺を冷水でしっかりと締め、つるつるとした食感とコシが特徴の冷やしぶっかけうどんの上に旨みあふれる牛肉と玉ねぎ、シャキシャキ食感を楽しめる鬼おろしを豪快に乗せた、食べ応えのあるひと品。打ち立ての麺をすすれば、特製ポン酢の風味が口いっぱいに広がり、さっぱりとした酸味も感じられる。甘辛く炊いた牛肉、シャキシャキの鬼おろし、特製ポン酢を打ち立てのうどんにたっぷりと絡めて、それぞれの異なる食感と爽やかな味わいを堪能できる。

 歯がギザギザでまるで鬼の歯のような形をしているおろし器からできる「鬼おろし」は、大根を大きく粗くおろすことで水分が保持されシャキシャキでみずみずしい食感を楽しむことができる。

 今年の「鬼おろし肉ぶっかけうどん」では、昨年よりも粗くおろした鬼おろしを使用しているため、ひと噛みすれば鬼おろしのみずみずしさが口いっぱいに広がる。柑橘の爽やかな香りと味を引き締める醤油のバランスを追求した特製ポン酢との相性もバッチリとのこと。

 また、牛肉と一緒に玉ねぎもしっかりと火入れして甘さを出している。甘辛く炊いた柔らかい牛肉と玉ねぎの相性は抜群で、暑い夏も元気に乗り切れそうなしっかりとした味わいに仕立てた。

 鬼おろし、牛肉そして打ち立てもちもちのうどんを一緒に頬張れば、シャキシャキ、じゅわ、もちもちっと、それぞれの食材が重なり生み出される食感を楽しめる。

オススメの記事