モバイル型CO2濃度測定器「ハンディ換気チェッカー2」が販売開始

新製品

2021/05/25 15:30

 フューチャースタンダードは、ウイルスのまん延防止対策として有効なCO2濃度測定器「ハンディ換気チェッカー2」の販売を同社公式サイトで5月24日に開始した。Amazon.co.jpでの販売も準備中。価格は3万3000円となる。

ハンディ換気チェッカー2

 ハンディ換気チェッカー2は、ハンディタイプの持ち運び可能なCO2センサー。コンパクトサイズで、いつでもどこでもCO2濃度を計測できる。

 CO2の濃度によって、ライトの色が3段階(ブルー、ホワイト、レッドの順)で変化し、換気のタイミングを教えてくれる。
 
CO2濃度に応じてライトの色が変化

 赤外線を活用して、高い精度でのCO2濃度計測が可能なNDIR式センサーを搭載し、PCやスマートフォンから無線LAN経由で接続することで、7日間分の計測ログデータをダウンロードできるほか、LEDライトの照度設定や、センサーのキャリブレーションにも対応する。また、無料アプリ「SENSIRION My Ambience」を使用して本体にBluetooth接続すれば、データのモニタリングも可能となっている。
 
「SENSIRION My Ambience」アプリを用いたデータのモニタリングイメージ

 バッテリ駆動時間は約10時間。サイズが幅3.7×高さ15.8×奥行き2.6cmで、重さが120gとなる。

オススメの記事