「ゴジラvsコング」とコラボ! UNDONEから立体感を追求した機械式ウォッチ

新製品

2021/05/21 12:00

 UNDONE JAPANは5月20日、カスタムウオッチブランド「UNDONE」から、映画「ゴジラvsコング」とコラボレーションした腕時計「Godzilla」と「Godzilla vs Kong」を発売した。

「Godzilla」(左)と「Godzilla vs Kong」

 Godzillaは、マットブラックのステンレスケースに立体加工されたゴジラをあしらった100本限定モデル。全体がまとまったモダンな印象の中に、個性を最大限表現したデザインだけでなく、50mの防水性能を備えたサファイアガラスを採用した機械式腕時計と、スペックも充実している。
 
ゴジラが立体加工されたケース(上)とシリアルナンバーが印された背面

 背面には100本限定であることを示すシリアルナンバーが印されており、ゴジラとキングコングとの戦いとともに、機械式ならではの魅力としてガラス越しにムーブメントが見える。

 ケースサイズは37mmで、男女兼用で使用できる。ムーブメントはSEIKO Manufacturingの「TMI NH35A」で、重さは58g。価格は5万9400円。
 
ゴジラとコングが立体加工で描かれた「Godzilla vs Kong」のダイアル(上)と、
蓄光加工された針やインデックスのイメージ

 Godzilla vs Kongは、映画をモチーフとしたデザインを採用し、シルバーのステンレスケースに、立体加工されたゴジラとコングが描かれたダイアルを備える。コングのイメージカラーでもあるレッドを取り入れており、Godzillaと同様にサファイアガラスを採用した50m防水の機械式腕時計をベースとしている。

 針やインデックスには蓄光加工を施しており、ブラックの盤面に輝きのあるシルバーケースで、さまざまなシーンに対応する。ムーブメントはSEIKO Manufacturingの「TMI NH35A」で、重さは58g。価格は5万3900円。

オススメの記事