• ホーム
  • ライフスタイル
  • 「ウルフギャング」のステーキをタクシーでデリバリー、都内3店舗で「GO Dine」に対応

「ウルフギャング」のステーキをタクシーでデリバリー、都内3店舗で「GO Dine」に対応

サービス

2021/05/20 12:00

 ニューヨーク発祥のステーキハウス「ウルフギャング・ステーキハウス」が、東京都内3店舗で日本初となるタクシーデリバリー専用アプリ「GO Dine(ゴーダイン)」に対応した。5月19日に、都内一部エリアでサービスをスタートしている。


 ウルフギャング・ステーキハウスでは、レストランで提供している全てのフードメニューをデリバリーで販売。タクシーデリバリーでは、タクシー大手である「日本交通」プロドライバーが配送し、広い配送エリアに加えて他の提携デリバリーアプリよりも安心感があるとの声が上がっている。

 今回、GO Dineに対応することで、注文から決済までをアプリ内で完結することが可能となり、さらに分かりやすく気軽に注文が可能となる。価格面においては、タクシーデリバリーで全てのメニューをレストランでの飲食に近い金額での販売となるため、配送料金(2000円~)を含め、お得に利用できる。

オススメの記事