宮崎牛100%使用の手ごね“生”ハンバーグ、店頭とネットで販売開始

新製品

2021/03/29 16:00

 edgeは、同社が運営する和牛専門の鉄板焼きステーキを提供する「牛肉論。」で「宮崎牛100%使用の手ごね“生”ハンバーグ」の販売を店頭とインターネット通販で3月29日に開始した。

「宮崎牛100%使用の手ごね“生”ハンバーグ」のポスター

 宮崎牛100%使用の手ごね“生”ハンバーグは、宮崎牛の肉にくしい食感とジューシーさを味わえるよう、同社が開発した挽き肉の粗挽きと細挽きの配合や、赤身と脂のバランスを考え抜いた黄金比率のレシピを使用して、手ごねにこだわって丁寧に仕上げている。

 宮崎牛のおいしさを堪能してもらうべく、焼いてそのまま食べられる味付けにして、ソース不要の宮崎牛ハンバーグとして販売となっており、ラインアップは、「Caper(ケッパー)」「Porcini(ポルチーニ)」「Truffle(トリュフ)」「Foie gras(フォアグラ)」の4種類。商品コンセプトに合わせた専用ブック型パッケージに2個入り(1個当たり140g)で販売する。
 
Caper

 Caperは、最もシンプルに宮崎牛そのものを味わえる。税込み価格は2700円。
 
Porcini

 Porciniは、ポルチーニの濃厚な香りと旨味による深い味わいを楽しめる。税込み価格は3200円。
 
Truffle

 Truffleは、黒トリュフの優雅な香り漂うまさが魅力。税込み価格は3700円。
 
Foie gras

 Foie grasは、フォアグラのとろける深い旨味とコクを堪能できる。税込み価格は3700円となる。

オススメの記事