特製チーズソースがたっぷりかかったハンバーグ、北海道アンテナショップに

新製品

2021/02/18 15:00

 ホクレン農業協同組合連合会は、北海道産牛乳・乳製品のアンテナショップ「MILKLAND HOKKAIDO → TOKYO」で新メニューの提供を2月19日に開始する。MILKLAND HOKKAIDO → TOKYOは、一昨年3月にオープンして以来、延べ約23万人が来店。最近では、カルボナーラライスで注目を集めている。

ザ・チーズハンバーグ
 
ホワイトスープのローストポーク包み

 新たに提供するのは、たっぷりの北海道産チーズと北海道産牛肉を使用したスペシャルメニューなどの新メニュー6種。「ザ・チーズハンバーグ」(価格は1430円、玄米ご飯とスープ付+440円)は、北海道産チーズを北海道産ビーフ100%のハンバーグに閉じ込め、仕上げに顧客の目の前で熱々の特製チーズソースをたっぷりかける、チーズを食べるためのハンバーグです。

 また、北海道産じゃがいもを丸ごと1個使ったマッシュポテトを低温で2時間じっくりローストした北海道産豚肩ロースで包み、北海道産生クリームとブルーチーズで作った特製ホワイトソースで深みをプラスした一品「ホワイトスープのローストポーク包み」(同1045円、バゲットとサラダ付+440円)も用意。

 さらに、北海道産未来めむろうしのローストビーフを北海道産ヨーグルトの酸味とバターのコクが味わえるバーニャカウダ風ソースにディップして食べる「北海道産ヨーグルトソースのバーニャカウダー風」(同1210円、バゲットとサラダ付+440円)など、寒い季節にピッタリの“あつあつ・とろとろ”なチーズ料理が充実している。その他にも、北海道産ソフトクリームを使用したパフェ(3種)などのスイーツもそろえている。

オススメの記事