3Dアバターでスーツ着装シミュレーション、青山商事が人体計測データ活用

新製品

2021/03/24 15:00

 青山商事は、日本女子大学・大塚美智子教授の協力のもと、最新の人体計測データに基づくパターン(型紙)設計を用いることで、着用時の体への負荷が少なく、高いフィット感を得られる新感覚のビジネススーツ「@SUiTS(エエスーツ)」を開発し、3月18日から「洋服の青山」の主要120店とオンラインストアで発売した。

青山商事の『@SUiTS』

 今回開発した@SUiTSのパターン設計には、長年にわたり様々な人々を対象に快適な衣服設計などを研究している大塚教授の最新の人体計測データを活用している。このデータをもとに、同社のスーツ開発チームが3Dアバターを用いた着装シミュレーションを実施し、腕を上げる・体をひねる・かがむなど、スーツ着用時に想定されるあらゆる動作で生じる生地への圧力やシワの入り方などについて検証を重ねてきた。

 そして、そこで得られた情報を解析し、肩幅と背幅のバランス、アームホールやヒップ回りの形状、各所の曲線部に至るまで、各パーツの設計を徹底的に見直すことで、現代の日本人に最適なパターンを作り上げた。@SUiTSは、大塚教授の研究と同社のモノづくりの技術を組み合わせることで、これまでにないフィット感と着心地の良さを体感できる新感覚のスーツに仕上がっている。

 また、従来のスーツにはYA体・A体・AB体といったサイズ表記を採用していたが、今回のスーツはS・M・Lでのサイズ展開とし、普段着などでも馴染みのあるサイズ表記をスーツにも採用することで、サイズ選びに対する不安の払拭につなげていく。

 税別価格は3万3000円。カラーはネイビー。サイズはS・M・L・LL/ワイドS・M・L・LLの8種類となる。

オススメの記事