イタリア発のフェイスシールドが日本上陸! 高性能&超軽量&ファッショナブル

新製品

2021/03/16 19:30

 アートサイトは、イタリア発、高性能・超軽量ファッショナブルフェイスシールド「FACE OFF」を、クラウドファンディングサイト「Makuake」で3月15日から先行販売を開始した。サッカー界のレジェンド、ダニ・アウヴェス氏が公式アンバサダーとして情報を世界に発信する。Makuakeでの先行販売は4月29日まで。

イタリア発の高性能・超軽量ファッショナブルフェイスシールド
「FACE OFF」がMakuakeに登場

 FACE OFFは、アレッサンドロ・デル・ピエロ氏のブランド「AirDP」の創設者としても知られているアイウェアデザイナー、レレ・ダンツィ氏によって生み出された高機能フェイスシールド。バイザーは「レンズ」「補強層」「くもり止めシート」の三層から形成されており、これらの三層は、アイウェアの先端テクノロジーによってカスタマイズされている。レンズは、「調光レンズ」と「偏光レンズ」の2タイプ。また、それぞれに「フラッシュコーティング」バージョンを用意している。

 調光レンズは、紫外線量によって色の濃さが変わるレンズ。室内ではほぼ透明だが、陽射しの強い屋外などではレンズの色が濃くなり、紫外線から目を守る。陽差しで色が濃く変わっても見え方は良好となる。FACE OFFのレンズは、UV400(紫外線カット率99%)のハイスペックで、目に見えない紫外線をレンズの濃さによって体感できるため、目の紫外線対策はもとより、UVケアを気にしている人にも適している。
 
調光レンズタイプ

 偏光レンズは、まぶしさの原因といわれる反射光をカットできるカラーレンズ。UV400の紫外線カットが施され、陽差しの強い夏や、冬場の雪の照り返し反射の対策に用いられる。たとえば、釣りなどの時には水中の魚がはっきりと見え、ゴルフのときは芝目をはっきりと読むことができる。レレ氏自身、デザインしている以外はゴルフをしているというほどのゴルファーで、このバイザーが非常に優秀であることは自らが実証済みとのこと。
 
偏光レンズタイプ

 フラッシュコーティングは、表面にミラーコーティングを施したレンズ。屋外でのスポーツなど強い日差しの眩しさを抑えるのはもとより、スタイリッシュなカラーで、夏であればシンプルなファッションへのアクセントとして、秋・冬にはダークトーンが多くなる服装に差し色感覚としても使うことができる。また、高性能コーティングによってキズを防止し、レンズ寿命を延ばす。
 
調光・偏光それぞれにフラッシュコーティングを施したタイプも用意する

 1日中つけていても疲れにくいヘッドバンドは、高周波処理によって中綿を入れた、縫い目のないエコペレ素材を採用している。額に接着する部分の肌触りはサラっとして快適。さらに、バイザーの顔からの距離も計算されているため、閉塞感なく装着できる。後部のゴムバンドにはアジャスターが付いており、フィットするサイズに合わせることができる。ゴムバンド幅も広いため締め付け感はなく、しっかり頭をホールドする。

 3段階にスムーズに調節できるバイザーは、美しく見える絶妙なポジションで留まるようにデザインされている。3つのポジションは、定位置でそれぞれ“カチッ”と留まるようになっている。

 軽量で装着感に優れたFACE OFFは、スポーツからオフィスワークまで、あらゆるシーンで活用できる。直接肌につけるマスクのような閉塞感がなく、シールドはくもり止め加工がされているため視界を遮ることがない。サイズはアダルト、ティーンエイジャー、キッズの3サイズを、カラーは12種類の豊富なバリエーションを用意しており、年齢や性別を問わず、誰でも使用できる。

オススメの記事