画期的な操作性と没入感を実現! 新世代ドローン「DJI FPV」が登場

新製品

2021/03/04 15:00

 DJIは、これまでにない直感的で没入感あふれる飛行体験を実現するフルセット版FPVドローン「DJI FPV」を発売した。価格は、FPVドローン、送信機2、FPV Goggles V2、ケーブルすべてとバッテリー1個が含まれるDJI FPVコンボが15万4000円。また、追加のインテリジェントフライトバッテリーと専用の充電ハブが同梱されたDJI FPV Fly Moreキットは3万3000円。オプションのモーションコントローラーは1万7600円。

新しい飛行体験ができる新世代ドローン「DJI FPV」

 DJI FPVは、レース用FPVドローンの高速飛行性能、従来型ドローンのシネマティックな映像撮影を実現するカメラ性能、DJIの一般向けドローンがもつ安全機能と伝送技術のすべてを兼ね備えた統合型FPVドローン。ドローン、ゴーグル、専用送信機に加え、オプションとして、手の動きに基づきドローンを直感的に操作できる全く新しいモーションコントローラーを用意している。

 ドローンには、高速飛行を可能にする高性能モーターを搭載。また、直感的に使えるUIと最新の安全機能によって、優れた操作感を実現している。FPVシステムは、DJI独自のO3伝送技術(旧名OcuSync伝送技術の3世代目)により、低遅延・高解像度でドローン映像を伝送する。高い信頼性と優れた伝送技術に加え、RockSteady電子式映像ブレ補正技術により、非常になめらかで安定した4K動画を60fpsで撮影することができる。

 3種類のフライトモードは、どんなスキルレベルのパイロットでも操作できるよう設計されており、FPVシステムにすぐに慣れることができ、アマチュアでもプロでも、安心して飛行することができる。

 さらに、DJI FPV Goggles V2を装着中、パイロットはDJI FPVからの鮮明な映像を長距離からでも低遅延で見ることができる。最先端のレース用モーターを使用しているため、飛行中に高速アクションが可能で、O3伝送システムは高い信頼性を確保する。新たに開発されたこのモーターは、最大飛行速度140km/h、停止した状態から100km/hまで加速するのにたった2秒。心揺さぶられるレース飛行体験が可能となった。

 進化した伝送技術O3伝送システムは、伝送距離10km(日本向けの最大伝送距離は6km)、デュアル周波数自動切替(日本国内は2.4 GHz帯のみ対応)、50Mbpsの高ビットレート、最先端の耐干渉機能に対応し、信頼性の高いフィードを伝送する。パイロットは、「高品質モード」、「低遅延モード」、「オーディエンスモード」の三つの表示オプションから選択することができる。

 DJI FPVは、飛行性能に優れているだけではなく、今すぐ共有したくなるような映画のようなダイナミックな映像を撮影することが可能。120Mbpsでの4K/60fps動画撮影に対応しているカメラが1軸ジンバルに搭載されているため、複雑な動きをしている時でも安定性を維持しつつ、垂直にカメラを回転させ、ユニークな角度で撮影することもできる。

 RockSteady映像ブレ補正により滑らかな映像を撮影し、動きの速いシーンを撮影するときでも歪みを低減する。高度な歪み補正ソフトウェアによりFPV映像でありがちな歪みを補正し、魚眼レンズ撮影のような外観になるのを防ぐ。また、パイロットは1080p/120fpsの4倍スローモーション動画を撮影することができるため、印象的な瞬間を細部まで鮮明に再現できる。さらに、撮影した映像はH.265またはH.264フォーマットで保存できるため、メモリーカードの容量を節約できると同時に、圧縮しても高画質のまま保存することができる。

 DJI FPVで使用する最新版のDJI Flyアプリには、DJI FPVの操作方法について詳しく解説してくれるチュートリアルが含まれている。新たに開発されたDJI Virtual Flightアプリは、無料で利用できるシミュレーターアプリで、初心者パイロットでも楽しく簡単に、安全な環境で、ドローン飛行の動きに慣れることができる。シミュレーターでは専用コントローラーを使用し、さまざまな設定でDJI FPVドローンを飛行させることができる。

オススメの記事