人肌を自然で健康的に再現! 4K液晶レグザ「Z740XSシリーズ」

 東芝映像ソリューションは、4K液晶テレビ「レグザ」のフラッグシップモデルであるタイムシフトマシン4K液晶レグザ「Z740XS」シリーズを3月5日から順次発売する。65V型の「65Z740XS」と55V型の「55Z740XS」が3月5日、50V型の「50Z740XS」が4月の発売で、価格はいずれもオープン。

「Z740XS」シリーズ

 Z740XSシリーズは、人の肌をリアルタイム検出しながら人肌の立体感や質感を向上させるとともに自然なトーンにコントロールする「ナチュラル美肌トーン」を備えており、被写体本来の階調や色が失われていたり、シャドーが強く黒ずみが発生していたりする箇所や、撮影環境などの影響で不自然に感じるカラーシフトした人肌も自然に美しく再現する。
 
従来の色調(左)と、「ナチュラル美肌トーン」による色調の比較

 視聴環境の明るさや色温度の違いをリアルタイムに検出し、常に適切な画質に自動調整する「おまかせAIピクチャーII」を搭載し、視聴しているコンテンツの種類も自動で判別して、いつでも高画質の映像を楽しめる。また、夜の視聴時におけるブルーライトを約40%カットする。
 
視聴環境やコンテンツに合わせた画質調整イメージ

 その他の高画質化技術としては、放送波のノイズを低減する「地デジAIビューティPROII」、ネット動画を高画質化する「ネット動画ビューティPROII」、新開発の全面直下LEDバックライトパネル、映像処理エンジン「レグザエンジンCloud Pro」を備えている。また、25mmのシルクドームツィーターとフルレンジスピーカーを搭載した「クリアダイレクト2ウェイスピーカー」をフロントに配置するとともに、ウーファー×2基とパッシブラジエーター×4基で構成される「クワッドパッシブ重低音バズーカウーファー」を採用し、総合出力80Wのマルチアンプ駆動で迫力のある重低音を再現する。

 従来の「タイムシフトマシン」と同様に、地上デジタル放送を最大6チャンネル録画可能で、本体はメッシュ素材を使用したメタリックサウンドバーグリルや、ガンメタリックカラーのプレートによるスタンドなど、フラッグシップモデルにふさわしい高品位なデザインを採用している。

 税別の実勢価格は、65Z740XSが28万円前後、55Z740XSが21万円前後の見込み。50Z740XSは未定となっている。

オススメの記事