映像・写真編集のプロ向け27インチ液晶ディスプレイ「SW271C」、ベンキューから

 ベンキュージャパンは、映像・写真編集のプロ向け製品「AQCOLOR」シリーズから、4K・カラーマネジメント対応27インチ液晶ディスプレイ「SW271C」を2月18日に発売する。価格はオープンで、税込みの実勢価格は19万8000円前後の見込み。

SW271C

 SW271Cは、2020年6月発売の「SW321C」と同様に、最新のIPS液晶パネル(解像度3840×2160)を採用。AdebeRGBを99%、sRGB/Rec.709を100%に加えて、DCI-P3/Display P3色域を90%カバーするとともに、16ビットのルックアップテーブル(LUT)を採用することで、RGBのカラーブレンド精度を向上し、平均DeltaE≦2の色を再現する。

 さらに、10ビットパネルの採用とガンマ補正によるスムーズなカラーグラデーション、10億7000万色の再現性、自然な色深度による豊かな階調の表現を可能とし、製造段階で表示エリアを数百の区域に分けて、高精度機器による繊細な処理で色と明るさを隅々まで微調整し、均一なユニフォミティを実現している。

 ハードウェアキャリブレーションにも対応し、グラフィックスカードの出力データを変更することなく、本体の画像処理チップを調整でき、正確な色を保てる。あわせて、X-Riteと共同開発した独自のキャリブレーションソフトウェア「Palette Master Element」を無料提供することによって、キャリブレーション時間を短縮している。

 その他、CalMAN認証、PANTONEカラー認証を取得しており、24p/25p/30pフィルムコンテンツをサポートするなど、プロの現場での画像/動画制作に対応する。

 インターフェースは、HDMI 2.0×2基、DisplayPort 1.4×1基、60W給電が可能なUSB Type-C×1基、USB 3.1×3基(ダウンストリーム×2基、アップストリーム×1基)、SDカードスロットを備える。

オススメの記事