ワイモバイル、2021年2月に5Gサービス開始 「新規割」は終了へ

サービス

2020/12/25 18:30

 ソフトバンクとウィルコム沖縄は、「ワイモバイル」で、2021年2月から5Gサービスの提供を開始すると発表した。追加料金はかからない。5G対応機種は決まり次第告知する。

4G/5G共通の新料金プラン

 同時に料金プランを改定し、月額料金がずっと変わらない「シンプルS」「シンプルM」、12月開始予定だった「シンプル20」を改定した「シンプルL」に刷新する。1カ月間に利用可能な高速データ通信容量はSが3GB、Mが10GB、Lが20GBで、割引適用前の月額料金はSが1980円、Mが2980円、Lが3780円。「おうち割 光セット(A)」または「家族割引サービス(2回線目以降)」適用で、それぞれ月額1480円、2480円、3280円となる。
 
新料金プランの月額料金イメージ

 従来の「スマホベーシックプランS/M/R」との違いは、基本料金に含まれていた「1回10分以内の国内通話無料」が有料オプション(誰とでも定額・月額700円)に変わること。該当する通話を一切しない場合は値下げ、する場合は同額または値上げとなる。なお、5G/4G対応は共通で、スマホベーシックプランRは21年3月にデータ容量20GB・月額4480円に改定する。
 
2020年12月時点の料金プラン

 新料金プランの提供にあわせ、「新規割」「スマホベーシックプランS/M/R」の新規受付を終了する。「ワイモバ学割」以外の各種キャンペーンの適用は未定。従来のスマホベーシックプランSは、初回限定のデータ増量無料キャンペーン適用で、実質的に3GB+1GBの計4GB・月額1980円(新規割適用時、通常2680円)だったので、月間データ利用量3GB以上4GB未満で他社からワイモバイルに乗り換えを検討しているなら、新しいシンプルプランの提供開始前がおすすめだ。

 なお、ソフトバンクは「SoftBank on LINE」をコンセプトとしたオンライン契約限定のプラン(月間データ容量20GB・月額2980円・4G/5G両対応・5分以内国内通話無料)を発表。この新料金プランの提供開始にあわせ、MVNOサービスの「LINEモバイル」は21年3月で新規申込受付を終了する。
 
ソフトバンクが提供する各サービスの位置づけ

 ショップサポート不要の場合、ソフトバンク網を使った月間データ容量20GBのモバイルデータ通信サービスの中で「SoftBank on LINE(仮)」が最も1GBあたりの単価が安くなるため、ワイモバイルの主力プランはシンプルS、シンプルMになりそうだ。(BCN・嵯峨野 芙美)

オススメの記事