コンパクトでも高機能マッサージをフル装備、フジ医療器のリラックスマスターに新製品

新製品

2020/12/02 06:00

 フジ医療器は、肩をつかんでほぐす動きの心地よさを向上したマッサージチェア「リラックスマスター マッサージチェア AS-R600」を12月1日に発売した。カラーは、ブラック、ベージュ×ブラウンの2色を用意した。価格はオープンで、税別の実勢価格は26万8000円前後。

リラックスマスター マッサージチェア AS-R600

 AS-R600は、従来機種よりも肩をしっかりつかみほぐすことを追求した、新開発による独自のつかみ機構「GRIP式メカ4.0」を採用し、もみ玉が横回転と縦回転する「360°回転もみ玉」(上玉のみ)と背筋の曲線に沿った「S字フィットフレーム」によって、細部までしっかりコリをつかんでほぐすマッサージを体感できる。
 
肩つかみ動作(左)と、「360°回転もみ玉」および「S字フィットフレーム」のイメージ

 好みに合わせて選べる自動コース(全身、肩、腰、ストレッチ、全身集中)を全5コース搭載し、自動コースが始まる前に、もみ玉のセンサーが肩位置を自動的に検知し、背と腰の位置を予測する「肩位置自動検出&プログラムフィードバック」で、それぞれのユーザーに最適なポイントでマッサージを行う。また、肩が5段階、背中が2段階、肩が5段階での強弱調節に対応している。

 肩、腕、腰まわり、脚部に計22個のエアーバッグを配置することで、全身を包み込む心地よいマッサージを可能にしており、骨盤まわりの筋肉を包み込んでひねるようにマッサージする「骨盤ひねりモード」も搭載する。さらに、独自機能の「温浴背ヒーター」と、「足裏ヒーター」の2種類のヒーターを備える。

 肩部と脚部は収納でき、脚部は反転するとフットレストになるため、マッサージをしないときはコンパクトなソファとしても使える。また、リクライニング時に座面が前へスライドしながら背もたれを倒す「スライドリクライニング機能」によって、後方に約15cmのスペースがあればフルリクライニングも可能で、限られたスペースの有効活用を実現した。

オススメの記事