フィリップスがマスク市場に参入! 近未来デザインの電動ファン搭載マスクを発表

新製品

2020/11/13 11:00

 フィリップスは11月13日、「フィリップス ブリーズマスク」を発表した。希望小売価格は税込み1万780円で、Amazon.co.jp楽天で11月13日に予約受付を開始、11月19日に発売する。

電動ファンを搭載する「フィリップス ブリーズマスク」

 フィリップス ブリーズマスクは、電動ファンを搭載する高機能マスクで最大41Lの空気を循環させるエアーフローシステムを備え、マスク内部が蒸れたり、温められたりすることなく、常に快適な環境を保つことができる。
 
装着イメージ

 また、N95レベルの高いプロテクト性能もち、PM2.5や花粉を95%、ウイルスを98.87%カット。UPF 50+レベルで紫外線から肌を守ることもできる。
 
有害物質に対して高いプロテクト性能を備える

 本体の素材はメッシュ素材で、有害物質をブロックしながら通気性も高い。フォルムは3Dデザインで、アジアンフィットを意識して設計されている。マスク内の空気は下向きに排出されるので、メガネが曇ったり、臭いがこもったりしないこともメリットになる。
 
顎周りがスマートに見える3Dデザインを採用

 カラーは、ブラックとグレーの2色。電動ファンの駆動時間は約2~3.5時間。フル充電にかかる時間は約3時間。重さは約60g。別売りで交換用マスクフィルター(5枚入り)を用意し、税込み価格は1595円。
 

オススメの記事