• ホーム
  • ライフスタイル
  • スウォッチ、1916年誕生の「バナナ・ウォッチ」に日本限定スペシャルカラー登場、2020年の新作

スウォッチ、1916年誕生の「バナナ・ウォッチ」に日本限定スペシャルカラー登場、2020年の新作

新製品

2020/11/07 13:30

 スウォッチグループジャパンは、1916年に誕生した通称「バナナ・ウォッチ」の2020年新作として、日本限定のスペシャルカラーを11月中旬に発売する。

「Tissot Heritage Banana
(ティソ ヘリテージ バナナ)」

 「Tissot Heritage Banana(ティソ ヘリテージ バナナ)」は、アール・ヌーヴォー様式のクラシカルな魅力と、時空を超越する輝きを秘める。通称「バナナ・ウォッチ」は、TISSOT(ティソ)を代表するタイムピースとなっている。
 

 オリジナルモデルは今から100年以上前の1916年に誕生した。以降、人々がもつ普遍的なセンスに呼応することで幾度も復刻を果たしてきた。

 2020年の新作は、ホワイトまたはブルーのダイアルに華やかさを添えるミラネーゼブレスレットのコンビネーションが映える、日本だけで展開するスペシャルカラー。

 ファッション性の高いミラネーゼブレスレットは、着用時の肌なじみも良く、カジュアルスタイルにもジャケットスタイルにも合わせやすいアイテム。いずれのカラーも斬新でありながら高貴な雰囲気をまとった、バナナ・ウォッチの上質で普遍的な個性を存分に堪能できる仕上がりとなっている。税込み価格は、ホワイトダイアル、ブルーダイアルともに6万500円。

オススメの記事