Levi’sとPORTERがコラボ、吉田カバン創業85周年記念でトラッカージャケット

新製品

2020/10/21 20:00

 Levi'sとPORTERは、吉田カバンの創業85周年を記念して、コラボレーションモデルのトラッカージャケットを11月2日から限定発売する。PORTERの販路では10月23日から先行販売する。

吉田カバン創業85周年記念のLevi's×PORTERコラボトラッカージャケット

 トラッカージャケットのメインの素材には、PORTERブランドの代名詞ともいえる「TANKER(タンカー)」の素材を採用。83年発表の「TANKER」は、米国空軍のフライトジャケットMA-1をモチーフにしたオリジナル生地を使ったシリーズ。MA-1のモチーフは、表面的なデザインだけではなく、細部にまでこだわってディテールに落とし込んでおり、生地表面のセージグリーンとブラックの裏面の鮮やかなレスキューオレンジが特徴的となっている。

 今回、Levi'sとPORTERがコラボレーションするにあたっては、近年ファッション感度の高い層からとくに注目を集め人気が再燃しているLevi's TypeII Trucker Jacketに「TANKER」のテキスタイルを乗せて、セージグリーンとブラックの2色で展開。「TANKER」ならではのボンディング加工が施されたナイロンツイル生地と、裏地のレスキューオレンジは、コーディネートのアクセントとして重要な役割をもつ。

 TypeII Trucker Jacketを象徴する2つの胸ポケットのうち、今回のコラボレーションでは右のポケット部分に取り外し可能なミニポーチが配され、付属のストラップをつけるとショルダーバッグとしても使用することができる。ポーチは、PORTERらしいマチ付きのフロントポケットや、内装にもポケットを設け、前ボタンにはLevi'sとPORTER両ブランド名が記された今回の企画用にオリジナルで制作したスナップボタンを採用している。また、ジャケットは胸ポケットに加えサイドポケットを備えることで、抜群の収納力を実現した。

 実用性、そして機能美を兼ね備えた、まさに両ブランドのファン垂涎のアイテムとなっている。税別価格は4万9000円。サイズは、S、M、L、XLの4種類を用意している。

オススメの記事