ゼンハイザージャパンは9月1日、完全ワイヤレスイヤホン「CX 400BT True Wireless」を発表した。税別実勢価格は2万3500円で、9月下旬に発売する。カラーはブラックとホワイトの2色。

ゼンハイザーからミドルレンジクラスの完全ワイヤレスイヤホン
「CX 400BT True Wireless」

 同社は完全ワイヤレスイヤホンのカテゴリーでハイエンドモデル「MOMENTUM True Wireless」シリーズをラインアップしており、今回のCX 400BT True Wirelessはミドルレンジにあたる製品となる。MOMENTUM True Wirelessの最新モデルの価格は3万6300円(税別、オープン)とかなり高価だが、CX 400BT True Wirelessは各社が売れ筋モデルを揃えている2万円台前半に抑えた。
 
 
新製品「CX 400BT True Wireless」(左)と今年3月に発売した
「MOMENTUM True Wireless2」

 価格は1万円以上安く、きょう体のサイズもコンパクトになっているが、音質に妥協はしておらず、最上位機種と同じ高品質の7mmドライバーを搭載。LDSアンテナや業界最高クラスのBluetooth Class1(10mW)を踏襲することで、安定した接続性も実現している。ハウジング表面をなぞるタッチ操作やアプリによるイコライズなども、MOMENTUM True Wirelessと変わらない使い勝手だ。
 
装着イメージ

 MOMENTUM True Wirelessと異なるのは、ノイズキャンセリング機能の有無。CX 400BT True Wirelessは搭載しないが、その分、耳にぴったりとフィットする形状を採用することで高い遮音性を実現している。きょう体のサイズはコンパクトなので、女性であってもストレスなく装着できるのも特徴だ。
 
女性でも使いやすいコンパクトなきょう体。カラーはホワイトも用意する

 周波数特性は5~21000Hz、感度は107dB(1kHz/1mW)、保証期間は2年、無線規格はBluetooth 5.1、対応コーデックはSBC/AAC/apt-X。連続駆動時間は本体のみで最大7時間、ケース併用で最大20時間。充電時間はフルチャージに1.5時間。10分で1時間分のチャージも可能だ。本体重量はイヤホン本体が12g、ケースが37g。USB-Cチャージングケーブルとイヤーピース(XS/S/M/L)を付属する。