次代を担い、世界に通用する情報セキュリティ人材の発掘・育成を行っているセキュリティ・キャンプ協議会は、「第5回セキュリティ・ミニキャンプ in 山梨 2020」一般講座を山梨大学・甲府東キャンパスで9月18日に開催する。参加費は無料。定員は100人で誰でも参加できる。新型コロナウイルス感染症対策を施して開催するほか、オンライン形式でも聴講は可能。

「第5回セキュリティ・ミニキャンプ in 山梨 2020」一般講座の講演概要

 「最近のサイバーセキュリティ脅威の動向と新たな対応策」と題し、産業分野での政策や、最新の脅威動向、IoT時代の対策と人材育成などで講演。「産業分野におけるサイバーセキュリティ政策」では、経済産業省サイバーセキュリティ課の西野 真一郎 課長補佐が登壇、経済産業省のサイバーセキュリティ政策について講演する。「最新のサイバーセキュリティ脅威動向」では、トレンドマイクロの岡本勝之 セキュリティエバンジェリストが登壇。攻撃手法の最新手口として注目すべきトピックスを紹介しながら、EMOTET/ファイルレス等について語る。このほか、サイボウズ セキュリティ室の明尾洋一  室長、Cy-SIRT代表、エムオーテックスカスタマー戦略課の丸山悠介 課長などが講演する。申込締切は9月11日17時まで。