ファーウェイ・ジャパンは7月31日、無線LANルータの新製品として「HUAWEI WiFi AX3 クアッドコア」を発表した。税別価格は9980円で、8月14日に発売する。

Wi-Fi6 Plus対応の無線LANルータ「HUAWEI WiFi AX3」

 次世代規格Wi-Fi 6とWi-Fi 6 Plusに対応するのが特徴で、クアッドコア1.4GHz Gigahome CPUを搭載し、通信速度最大3000Mbps(2402Mbps+574Mbps)の高速通信を実現する。

 Wi-Fi6 Plusは同社の独自規格で、160MHzの超広域幅をサポートする。同帯域に対応する最新デバイスで利用すれば、さらに通信を高速化する。同社製品であれば、さらに通信速度は上がるという。2.4GHzと5GHzの独立したパワーアンプをそれぞれ二つ搭載しており、接続の安定性も高い。
 
HUAWEI Share機能を搭載し、ワンタッチで接続できる

 1万円を切る製品ながらセキュリティも万全で、国際セキュリティ評価基準(CC)EAL5を取得したHUAWEI HomeSecでネットワークを強固に保護。通常の情報とユーザーの情報を分けて保存することで、不正アクセスを検知する仕組みも採用している。また、HUAWEI Share機能を搭載し、NFCを搭載したAndroidスマートフォンであれば本体を近づけるだけで接続することができる。