AI活用企業であるホワイトボードは、AIとサーモセンサーを組み合わせた顔認証が可能な検温スクリーニングシステムを開発し、求めやすい価格で販売を開始した。

顔認証+検温システムの機能概要

 新製品は、AIとサーモセンサーを活用し、自動で顔認証と検温を行うシステム。検温を行いたい場所(施設や職場の出入り口付近など)に設置し、ディスプレイに顔を近づけるだけで、簡単に検温を行うことができる。事前に顔認証登録をしておくことで、「誰が、どのくらいの体温だったか」を測定することができる。

 また、マスクを検知して装着を促す機能も搭載し、感染症予防として活用することもできる。さらに、勤怠管理システムとの連携も可能となっている。

 日々の業務の中で手動での検温が難しい製造業や、医療・介護施設や飲食・宿泊施設の従業員から利用者まで幅広く利用することができる。同製品を導入することで、施設・職場内での感染拡大を防ぐとともに、現場の安心感を向上することが可能となる。