ニコンイメージングジャパンは7月21日、フルサイズミラーレス一眼「ニコンZ5」を8月下旬に発売すると発表した。市場想定価格は税抜(以下同)16万6000円。新ズームレンズ「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」を同梱したレンズキットが20万2000円。

ニコン「Z 5 24-50レンズキット」

 撮像素子に35mmフルサイズCMOSセンサーを採用。有効画素数2432万画素で画像処理エンジン「EXPEED 6」を搭載する。常用撮影感度がISO 100~51200。ボディ重量は上位モデルのZ7、Z6と同じ675g。しかしプラスティックマウントの採用で軽量化したキットレンズが195gと軽量なため、ボディと合わせた重量が870gと軽く、持ち運びしやすい。また、ボディ価格を16万円台に抑えたのも特徴。記録メディアはSD系で、ニコンのミラーレス一眼で初めてダブルスロットを採用した。

 像面位相差AFとコントラストAFを自動的に切り換えるハイブリッドAFシステムを搭載し、画面の水平・垂直約90%の範囲を273点のフォーカスポイントでカバーする。「瞳AF」「動物AF」も可能で、動いている人物の瞳や、犬と猫の瞳を追い続けて撮影することもできる。手振れ補正機構は5.0段分の効果がある5軸手振れ補正機構を備えた。

 ファインダーは約369万ドットの電子ビューファインダー。自然でシャープな「見え」を目指した。モニターはチルト式3.2型タッチ対応のTFT液晶を搭載している。バッテリに新タイプの「EN-EL15c」を採用。撮影可能枚数約470枚を実現した。USB充電に対応するほか、電源ON時のUSB給電も可能。タイムラプスなど、長時間の動画撮影などにも活用できる。