PayPayとOne Tap BUYは4月15日から「PayPay」のアプリトップ画面で、PayPayのミニアプリとしてOne Tap BUYの新サービス「ボーナス運用」を提供している。現在、初めてボーナス運用を申し込むと、1人につき1回、100円相当の運用ポイントをもれなく付与する「ボーナス運用はじめようキャンペーン」を実施中。キャンペーン期間は7月31日まで。

100万名人に達し次第キャンペーン終了

 One Tap BUYは、スマホ証券として2016年6月に設立。ボーナス運用は、PayPayボーナスを独自の運用ポイントに交換し、コースに応じて運用する仕組みはNTTドコモが提供する「ポイント投資」と同じだが、PayPayのミニアプリなので、より手軽に始められる。運用成績がよければ独自の運用ポイントが増え、増えた時点でPayPayボーナスに交換すればプラスとなる。もちろん、上場投資信託の市場価格を反映し、当初の運用ポイント数から減少する可能性もあるが、その場合は元に戻るまで放置すれば含み損は確定しない。

 キャンペーンの対象は、長期運用向け「スタンダードコース(SPDR S&P500 ETF)」。ボーナス運用額は自由に選べる。「チャレンジコース」は対象外。
 
PayPayと提携するOne Tap BUYは、今後ソフトバンクとみずほ証券の共同経営体制へ

 なお、One Tap BUYは、ソフトバンクとみずほフィナンシャルグループの次世代型金融事業における戦略的提携に基づき、ソフトバンクとみずほ証券の共同経営体制へと移行する。また、同提携に基づき、2020年度内にPayPayユーザーに対し、J.Scoreのレンディングサービスを提供する予定。