ファーウェイ・ジャパンは、5月29日にAndroidスマートフォン(スマホ)の新製品として「HUAWEI nova lite 3+」を発売した。128GBのROMと4GBのRAMを搭載しながら、税別の実勢価格が2万4800円。Googleモバイルサービスにも対応しており、超コスパモデルとして注目を集めそうだ。

超コスパスマホ「HUAWEI nova lite 3+」が5月29日に発売

 HUAWEI nova lite 3+は、昨年発売した「HUAWEI nova lite 3」の後継機。約6.21インチのFHD+フルビューディスプレイ(19.5:9、2340×1080)は水滴型のノッチを採用し、没入感のある画面表示が可能。背面は、3D湾曲デザインで手にぴったりとフィットする。
 
水滴型のノッチを採用したフルビューディスプレイ

 OSは、Android 9をベースに独自にカスタマイズしたEMUI 9.1。カメラは、アウトがダブルレンズ(1300万画素+200万画素)で、インがシングルレンズ(800万画素)。ポートレート撮影やAIによる美しいセルフィーが可能だ。
 
「HUAWEI nova lite 3+」のカメラ構成

 カラーは、オーロラブルーとミッドナイトブラックの2色展開。CPUはKirin 710 オクタコア。バッテリー容量は3400mAh。センサーは、加速度/コンパス/環境光/近接/指紋認証。対応無線規格は、Wi-Fi 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.2。最大512GBのmicro SDカードに対応。サイズは約155.36×73.55×8.2mm。重量は約163g。ファーウェイ 楽天市場店、ファーウェイ PayPayモール店ほか、MVNO各社、家電量販店、ECサイトで販売する。