【木村ヒデノリのTech Magic #006】 仕事をする上でコーヒーが欠かせないという人は「できる限り美味しいものを飲みたいが、手間がかかりすぎる」という問題に直面したことがあるだろう。こだわるのならブレイクタイムとして手淹れするのも一興だが、手軽さと美味しさの両立を求める声も多いはずだ。 

 今回、紹介するネスプレッソの「クレアティスタ・プラス」は効率と美味しさのバランスがとれた完成度の高い製品だ。ミルク入りコーヒーも含めたレシピがここまで手軽に楽しめるマシンは、筆者が知る限り唯一で、味もお店のコーヒーに引けを取らない。リモートワークという働き方が増えていく中、自宅にプロ品質のコーヒーが飲める環境をつくるのも有意義ではないだろうか。
 
金属製でハイエンド機ならではの高級感が漂うネスプレッソの「クレアティスタ・プラス」
 
背面には1.5Lの大容量タンクを搭載、1回の給水で10杯程度の抽出が可能
 
コンテナには使用済みカプセルが約13個入るので、頻繁に処分せずに済む

カプセル式コーヒーメーカーの最高峰

 「カフェスタイルの高品質なコーヒーを自宅で簡単に」が本製品のキャッチフレーズだ。 いわゆるカプセル方式のコーヒーメーカーで、ネスプレッソブランドで販売されているさまざまな品種のコーヒー豆から好きなものを選び、1杯ずつ淹れることができる。
 
カプセル方式はさまざまな豆をその時の気分で楽しめるのも魅力だ

 カプセルは豆を挽いた後すぐに密閉されており、フレッシュな状態が保たれている。豆にこだわるのであれば、メーカー非推奨だが自分で粉をつめられるサードパーティ製カプセルも販売されている。
 
ミルク入りレシピに合うものやカフェインレスなど、さまざまな種類がラインナップされている

 他のコーヒーメーカーと大きく違う点は、抽出済みの豆の廃棄や洗浄の必要がなく、カプセルを捨てるだけという点だ。定期的な湯通しなどは必要なものの、一般的なコーヒーメーカーと比べればこの手軽さは画期的だろう。 

ミルクレシピも手軽にしてくれる自動洗浄機能を搭載

 さらに特筆すべきは「ミルクスチーマーの自動洗浄機能」だ。通常のミルクスチーマーはスチームを止める際にミルクが少量ノズル内に入ってしまう。この逆流を解消するために、ミルクピッチャーを外した後、必ずスチームを空噴射することが必要だ。

 一方、クレアティスタ・プラスはアームを戻すとノズルから熱湯を噴出して自動で洗浄してくれる。ミルクスチーマーを使ったことがない方はピンとこないかもしれないが、これは非常にポイントが高い。実際これが面倒で何度もマシンを使わなくなってきたこともあり、この機能が購入の決め手になったほどだ。 
 
ミルクピッチャーを外すとお湯を噴出し詰まりを防いでくれる

 ブラックコーヒーやフォームミルク入りのコーヒーなど、合わせて8種類を簡単に作れるのも魅力だ。さらにフォームミルク入りメニューの場合、各メニューに最適な泡立ちのミルクを自動で作ってくれる。美味しいフォームミルクを作るのは意外とコツがいるので、温度管理も含めてマシンがやってくれるのはありがたい。
 
全自動で作られるミルクフォームはきめ細かくプロ並みの仕上がり

1日何回淹れてもストレスにならない起動時間も秀逸

 起動時間が短いのもメリットだ。クレアティスタ・プラスが立ち上げから4.5秒で抽出できるのに対し、同社のエントリーモデルであるエッセンサミニはスイッチを入れてから抽出までに約30秒もかかる。仕事をしながら使っていると、30秒の間に別の事を始めてしまい、うっかり忘れて戻ると電源が自動でオフに…といったことが頻発した。これはかなり使い勝手が悪い。

 エッセンサミニ以外のモデルでも抽出可能状態になるまで25秒~30秒かかることを考えても、この4.5秒という起動時間はクレアティスタ・プラスならではの強みだ。数十秒が使い勝手に与える影響の大きさは想像以上だった。
 
ミルク温度も11段階の設定が可能でこだわったフォームミルクが作れる

[次のページ]エントリーモデルと比べ6倍の価格の実力とは

  • 1
  • 2

次へ