【木村ヒデノリのTech Magic #005】 仕事効率を劇的に上げるガジェットに新たな機能が加わった。「Muse(ミューズ)」は脳波や心拍などのデータをリアルタイムに音声に反映させ、正しい瞑想を誰にでも習得させてくれるヘッドバンドだ。その性能はガジェットの範囲にとどまらず、さまざまな研究でも結果を出している。今回紹介する新製品の「Muse S」では、さらに各種センサーを用いて睡眠導入もサポート。科学的データに基づく肉体パフォーマンスの最適化が一段と身近になった。

瞑想中に脳内で起きていることをリアルタイムでフィードバックできる世界初のバイオハックツール「Muse S」
 
バンドの裏側から見ると脳波や心拍を測るセンサーがある
 
本体はマグネットでバンドに付いているので充電時は取り外せて便利だ
 
ポリカーボネイト製のMuse2と比べてMuse Sは布製なので持ち運び時にもかさばらない

日本では市民権を得ていない“瞑想”というハック

 瞑想と聞くと日本ではまだスピリチュアルなイメージを持つ人が多いのではないだろうか。集中力を高めるという研究結果が多数出ているにも関わらず、「何をもって正しい瞑想とするのか」が漠然としていたために民間療法的な“怪しさ”が払拭されていなかった。

 こうした状況を変えるために開発された製品がMuseだ。高精度なセンサーで脳波などを測定し、それを音に反映させることで瞑想ができているのかどうかを教えてくれる。これを日々繰り返すことによって誰でも「正しい瞑想」が習得できるという仕組みだ。

 習得のためのセッションはスタンダードな瞑想のトレーニングである「Mind」のほか、正しい心拍を練習する「Heart」、正しい呼吸を練習する「Breath」、正しい姿勢や脱力を練習する「Body」の4種類がある。それぞれ別のセンサーを使って状態を確認しながら進めるので総合的に瞑想の質を上げることが可能だ。
 
使用時はバンドとイヤホンをつけアプリを使ってトレーニングする
 
複数あるセンサーを組み合わせて最適なデータを各セッション用にフィードバックする

 ここまで読んでもまだ瞑想の必要性について半信半疑の読者も多いと思う。そこでお伝えしたいのがMuseを使った「正しい瞑想」の効果が研究でも証明されているという事例だ。

 例えば、トロント大学ノーマン・ファーブ博士の「テクノロジーにサポートされたマインドフルネスが注意力と感情に及ぼす影響 : ランダム化比較試験(Attentional and Affective Consequences of Technology Supported Mindfulness: a Randomised Trial)」では、健康な成人を対象に6週間Museを使って定期的な瞑想をおこなってもらったところ、注意力が向上し、頭痛・苦痛・不快感などが軽減したとしている。

 他にも多数の研究で一定の効果が報告されていることから、ハードウェアはもちろん、アプリとの連携で”結果が出る瞑想”に導いてくれる完成度だと言えるだろう。
 
Museを用いて正しい瞑想をおこなうことで脳や精神に多くの改善が見られるという

[次のページ]ゲーミフィケーションによって工夫された続けやすいトレーニング

  • 1
  • 2

次へ