ドン・キホーテは5月14日にプライベートブランド「情熱価格プラス」から「4Kチューナー内蔵 QLEDテレビ」を発表した。税別価格は50V型が4万9800円、58V型が5万9800円。50V型は5月15日、58V型は5月27日に全国のドン・キホーテ系列店舗で順次発売する。

ドンキ初となる4Kチューナー内蔵の4K対応テレビ。
税別価格は50V型が4万9800円、58V型が5万9800円

 同社は2017年6月に初めて4K対応テレビの独自製品を発売。当時の市場価格を下回る5万円台の衝撃価格で話題になった。現在は第5弾まで展開しており、シリーズ累計販売台数は6万4000台を突破した。

 新製品は同シリーズとして初めて4Kチューナーを内蔵。専用の外付けチューナーなしでBS/CSの4K放送を視聴することができる。価格は第5弾モデルから据え置きだが、色再現性が高く、低消費電力のQLEDを採用するなど、性能も向上している。

 コントラスト比は5000:1、スピーカーは20W(10W×2)、接続端子は地上デジタル×1、BS/CSデジタル×1、HDMI 2.0×4、RCA×1、ヘッドホン出力×1、光デジタル音声出力×1、LAN×1、USB(録画専用)×1。