ソニー損害保険は、AI技術を活用し、スマートフォン(スマホ)で計測した運転特性データから事故リスクを推定し、その結果に応じて保険料を最大30%キャッシュバックする運転特性連動型自動車保険「GOOD DRIVE(グッドドライブ)」を3月18日に発売した。

GOOD DRIVEデバイス

 保険加入にあたり、運転する自動車にGOOD DRIVEデバイスを設置する必要があり、ACCESSがそのGOOD DRIVEデバイスに組み込む、アクセサリソケット型ビーコンを開発し、提供した。
 
GOOD DRIVEのロゴ

 ソニー損保が提供するスマホ専用アプリ「GOOD DRIVEアプリ」と専用デバイスはBluetoothで接続し、契約車両の運転中、自動で専用アプリが運転特性データを計測する仕様なので、運転ごとの専用デバイス、専用アプリの操作は不要。計測するデータは走行時間、アクセル、ブレーキ、ハンドル操作、走行中のスマホ操作の状況。

 これら運転特性データに応じ、5段階で事故リスクを推定し、3つの条件を満たすと契約ごとに1回、保険料を最大30%キャッシュバックする。キャッシュバックの見込額は、「GOOD DRIVE アプリ」で確認可能。等級・年齢を問わず、運転スコアのみでランク付けするため、保険料が高い20代や、これ以上、割引率が増えない20等級の場合でも年間保険料を下げることができる。
 
安全運転にインセンティブを付与する

 専用デバイスには、事故時やトラブル発生時にソニー損保につながる「緊急ボタン」、スマホを充電できるUSBポートを備える。

 申し込みは、PC・スマートフォンからアクセスできる「GOOD DRIVE専用サイト(https://www.sonysonpo.co.jp/auto/good-drive/)」から。計三つの特約のセット扱いとなり、1年間の保険期間の年度途中で付加できない。