イノベックスは、PPメッシュとナノファイバーを組み合わせることで、網戸ながら花粉カットを可能にした「ハイブリッド網戸」を、全国のホームセンターや直営オンラインショップのダイオeショップで販売する。ダイオeショップで3月26日から、ホームセンターで3月末から受注を順次受け付ける。

花粉の約99%、紫外線の約60%カットが可能な「ハイブリッド網戸」

 「ハイブリッド網戸」は、通常の網戸に使われているPPメッシュに特許技術を用いてナノファイバー加工を行うことで、「通気性が高い」という網戸のメリットを保ったまま、花粉を99%カットするとともに、紫外線の約60%カット、臭い成分の分解を可能にしている。

 網目が細かいので雨が入りにくいため、急なにわか雨でも通常の網戸より室内が濡れにくいというメリットもある。また、網戸用ネットとのハイブリッド構造なので、初期強度も通常の網戸と同程度で、網戸と同じ手順でしっかり貼れる。

 受注販売なので、用途やシーンに合わせて、必要な長さを1~15m範囲のメートル単位で指定して購入できる。ダイオeショップでの、幅91cm×長さ1m当たりの税込み価格は5280円。