LIXILは、「TOSTEM」ブランドの新製品として、「IoTで住まいをもっと心地よく」をコンセプトに開発した「玄関ドアDA/玄関ドアDA防火戸」を4月に、住宅用窓シャッター「スマート電動/電動」を東日本地区で4月、西日本地区で6月に発売する。どちらも、LIXILのIoTホームリンク「Life Assist」と連携すると、インターネットにつながり、より便利に利用できる。

記者発表会では、「FamiLock」搭載ドアと電動窓シャッターの実機デモが披露された

 「玄関ドアDA/玄関ドアDA防火戸」は、新たに開発したスマートロックシステム(電気錠)「FamiLock(ファミロック)」を搭載。無料の専用アプリ「My Entrance(マイ エントランス)」をインストールしたスマートフォンを利用して鍵を開け閉めできる。
 

 玄関ドアとスマホはBluetoothで接続し、あらかじめ設定した範囲(認証エリア)に入ると、専用アプリを起動したスマホを携帯していればドアのボタンを押すだけで上下2つの鍵が解錠される。ドアのボタンを押さず、アプリ画面上で操作しても、同様に鍵が開く。

 スマホによる施解錠は操作履歴が残るので、家を出た後、鍵を閉めたかどうかを履歴から確認できる。また、家族がスマホで施解錠した場合に、あらかじめ登録したアドレスへメールで通知することもできる。
 
スマホを使ったドアの開閉の様子

 一般的な電気錠とは異なり、標準で、従来の「手動キー」と、ドアのボタンを押してかざして施解錠する「カードキー」が付属し、車のスマートキーと同じ仕組みの「リモコンキー」とスマホを合わせた4種類から利用者ごとに自由に選べる。鍵となるスマホはアプリ上で登録・削除可能。また、キーホルダー型タグキー、「楽天Edy」対応カード、「おサイフケータイ」対応機種なども鍵として登録できる。
 
専用アプリ「My Entrance」は3月公開予定。
認証エリアは5段階で調整できるが、そのエリア内にはスマホを保管できない

 さらに「FamiLock」とIoTホームリンク「Life Assist」を連携すると、スマートスピーカー経由の音声操作や、他の建材・家電などとの連動が可能となり、オプションのパナソニック製「外でもドアホン」をインターネットに接続すれば、外出先からスマホで来客を確認し、解錠することもできる。

 ドアのカラーは21色、デザインは17種類をラインアップ。税別の参考価格(組立代、取付費など別途)は、「玄関ドアDA」が34万5000円~57万5000円、「玄関ドアDA防火戸」(国土交通大臣認定防火設備)が49万5000円~82万5000円。
 
国のエネルギー政策が追い風となり、住宅のIoT化が加速するとLIXILは予測する

 LIXILは、今回のIoT対応玄関ドアと電動シャッター事業で、5年後の2024年3月期に200億円規模という目標を掲げる。ドアと電動シャッターの内訳は非公開だが、LIXILの調べによると、採用率は約10%と低いが、設置した9割以上が「つけてよかった」と回答する便利な住宅オプション、電動シャッターのIoT対応をウリに、他のLIXILの建材や住宅設備のセット導入をエンドユーザーや「プロユーザー」と紹介した工務店・住宅会社などに訴求する。
 
製品発表会に登壇したLIXIL Housing Technology Japan サッシ・ドア事業部長
関塚英樹常務役員ら

ユーザー満足度ほぼ100%の電動シャッターがスマートに大幅進化

 新築用・リフォーム用窓シャッターの「スマート電動」と「電動」は、リモコンと本体をBluetoothでペアリングした状態で出荷し、付属のリモコンに加え、無料の専用アプリ「My Window」をインストールしたスマホで、シャッターの開閉や開閉状態の確認ができる。
 

 さらに、上位機種の「スマート電動」は全ての窓シャッターを一斉に開閉できるほか、「Life Assist」と連携すると、窓シャッターを外出先から遠隔操作したり、スマホのGPSで取得した位置情報に連動して自動で閉めたりできる。
 
スマホや音声操作を利用したシャッター操作の様子

 施工にあたってスイッチの配線工事は不要で、「スマート電動」の一斉操作に必要な宅内集中制御の設置についても配線は必要ない。14種類もあったリモコンも、ユーザーが選択に困らないよう、高機能/単機能の2タイプに集約した。操作ガイド、トラブル診断などを提供するサポートサイトも開設する。同様の他社製品に比べ、こうした「設置しやすさ・導入後のサポート」が強みという。

 なお、LIXILは、18年5月に「TOSTEM」ブランドを復活し、視界を遮らないフレームインデザインの大間口の新しい窓「LW(エルダブリュー)」を発表。そこに今回、電動シャッターのラインアップを大幅刷新し、ブランド復活を強調する。

 税別参考価格(網戸代、取付費などは別途)は、新築用の「サーモスLシャッター付引違い窓16520」(窓サイズ1690×2030mm)の場合、「スマート電動採風タイプ」が54万5600円、「スマート電動標準タイプ」が33万2900円、「電動標準タイプ」が28万2900円。