セイコークロックは2月19日、持ち時間測定専用2連時計「対局」(BZ361L)を3月19日に発売すると発表した。将棋や囲碁、チェスなどの持ち時間計測用の置時計。1985年に発売し、11年に販売を終了した「QZ568」のデザインを復刻して発売する。税込みの販売価格は1万3200円。日本将棋連盟の推薦を得ている。

持ち時間測定専用2連時計「対局」(BZ361L)

 経過時間の読み取りやすさを最重視。明瞭な目盛りと数字を最適に配置した。分針の先端を尖らせ、かつ文字板側に曲げた形状を採用。針の先端が文字板に近く、斜めから見ても針の位置が明確に示す。十字型の稜線を設け、どちらの時計が動いているかが瞬時に分かるよう工夫した。

 高さ117×幅181×奥行き55mm、380gで機械体はクオーツムーブメント。平均月差は±20秒。単3形マンガン乾電池1本で踏査し、電池寿命は約1年。バッテリーチェック機能も搭載する。