シチズン時計は、企画・開発の段階からさまざまな使用者と一緒に商品を考えていくインクルーシブデザインの考え方を取り入れた「視覚障がい者対応腕時計 AC2200-55E」を3月19日に発売する。価格は、1万4000円(消費税非課税対象商品)。

視覚障がい者対応腕時計 AC2200-55E

 障がいを持つ人のアドバイスを取り入れ、時分針の形状を判読しやすくするために長短を明確にした。合わせて、時針用の凸部を内側に、分針用を外側に配置している。また、弱視の人も判読しやすいよう、黒文字板にイエローのインデックスを組み合わせている。

 プレーンなデザインの上蓋(ガラス部)や直接指で触れる文字板には、指紋や凸部を目立たせないようにするためマット加工を施し、カジュアルなフォントを組み合わせることでタウンユースに最適なデザインに仕上げた。バンドは、自身での調節が可能なフリーアジャスト構造を採用し、中留め部にバンドが意図せず抜けることがないようリベットを配している。


 「市民に愛され、市民に貢献する」という企業理念のもと、シチズンは60年に国産で初めて視覚障がい者対応の腕時計「シチズン・シャイン」を発売。その生産を60年にわたって続けてきた。

 そして今年、SDGsの達成を含む社会課題の解決に寄与する企業として、さまざまな人が快適に使えるよう、健常者だけでなく視覚障がいを持つ人、弱視の人など、使用を想定する人が企画・開発段階から関わるというインクルーシブ(包摂的)なデザインアプローチを採用した新たな視覚障がい者対応腕時計を発売する。

 製品は、タイ・ロッブリー県にあるロッブリー複合視覚障がい者学校(正式名称はSchool for the Blind and the Blind with Multiple Handicaps Lopburi)の在校生や教職員の意見をもとに、実用性やデザインの向上を図った。今回、同製品100本をタイの盲学校へ寄贈する。