ソニー初の「8Kブラビア」、200万円の85型液晶からスタート

新製品

2020/02/07 10:00

 ソニー8Kテレビ市場に参入する。ソニーは2月7日、8Kチューナー内蔵の85型液晶テレビ「ブラビア KJ-85Z9H」を発表した。3月7日から発売し、価格はオープンで税別の実勢価格は200万円前後の見込み。

ソニー8Kチューナー内蔵85型液晶テレビ「ブラビア Z9Hシリーズ」

 映像エンジンには、8Kの高画質映像をリアルタイムに分析して最適な処理を施す「X1 Ultimate」プロセッサを搭載。被写体を細かく分析するオブジェクト型超解像技術や、なめらかな色表現を可能にするSuper Bit Mapping HDR、高コントラストに再現するHDRリマスターなど三つの映像処理技術から構成される。
 
8Kの画づくりの核となる「X1 Ultimate」プロセッサ

 ソニーでは「まぶしい」と感じさせるほど細やかな光の表現を可能にすることで、手を伸ばすと触れられそうな映像をつくりだすという。この光の表現を再現するのが、LEDがモジュール単位で完全独立駆動する「バックライトマスタードライブ」だ。

 また、画素数が多く高精細な8Kは、4Kより光の透過率が低くて暗くなりがちだが、「8K X-tended Dynamic Range PRO」で超高解像度と超高コントラストを両立させることができる。独立したLEDを個別に強力に発光させることができるからだ。
 
暗くなりがちな8K映像を明るくする「8K X-tended Dynamic Range PRO」

 さらに、8Kアップコンバート専用の8Kデータベースを搭載することで、画質の違いが大きいさまざまな入力信号を8K画質に高精細化処理する「8K X-Reality PRO」を通じて映像出力する、独自の高画質技術を搭載した。
 
さまざまな画質の映像ソースをきれいに8Kアップコンバートする「8K X-Reality PRO」

 音質では、上下4カ所にミドルレンジのトゥイーターと、最大80Wの上下左右スピーカーとサブウーファーをパネルの背面に搭載する「Acoustic Multi-Audio」によって、大画面の課題である音の定位のズレを解消した。

オススメの記事