日本コカ・コーラは12月6日に、ドリップコーヒーを淹れられるカプセル式コーヒーメーカー「&Drip(アンドドリップ)」の一般販売を、楽天市場、Amazon.co.jp、二子玉川 蔦屋家電で開始する。カラーは、ダークレッド、ホワイトの2色。税別価格は1万3800円。

&Drip

 「&Drip」は、“喫茶店のマスターがじっくりハンドドリップした、ブラックが美味しいコーヒー”を目指しており、ハンドドリップを再現するためにカプセルの側面に溝を入れることで、カプセル全体に均一にお湯が行き渡る仕組みで、コーヒー豆の香りや旨味を余すことなく抽出する。

 クラウドファンディングサービス「Makuake」で10月から実施したテスト販売では、500名からの支援を受けて限定400台が1週間で完売した。この好評を受け、一般販売を決定した。

 本体に専用カプセルをセットしてボタンを押すだけで、約60秒で淹れたてのドリップコーヒーが完成する。内部の洗浄も簡単で、水タンクの代わりにペットボトルも使えるので、水タンクに水を入れたり、水タンクを洗ったりする手間が省ける。

 本体デザインは、佐藤ナオキ氏が率いる「nendo」とともに行っており、リビングに映えるインテリアのようなプロダクトデザインを目指した。壁沿いだけでなく、部屋の真ん中に置いても馴染むよう、シンプルなキューブ型デザインを採用し、喫茶店のような空間を演出するため、コーヒーの完成や水切れを知らせる音には「柔らかなギターの音色」を用いた。
 
「&Drip」の設置イメージ

 同時に発売する専用カプセルは、「レギュラーブラック(12杯分)」、コーヒーカプセルとミルクカプセルをセットにした「カフェラテ(6杯分)」ともに税別価格740円。このほか、2020年2月に「ダージリンティー」、20年3月に「アイスコーヒー」を発売する。

 コーヒーカプセルでは、挽きたての豆とドリップ用フィルターを、酸素濃度1%以下に保つバリア素材を使用した特殊カプセルに密封しており、豆の酸化を防ぎ、焙煎したての香りと鮮度を保つ。専用カプセルのラインアップは今後拡充予定。