バッファローは、セキュリティ機能「ネット脅威ブロッカー Premium」を搭載したトライバンドWi-Fiルータ「WTR-M2133HS」と、専用中継機「WEM-1266」2台と「WTR-M2133HS」をセットにしたスターターキット「WTR-M2133HS/E2S」を、2019年12月中旬から順次発売する。

専用中継機2台をセットにしたスターターキット
「WTR-M2133HS/E2S」

 販売中のメッシュネットワーク対応Wi-Fi製品「AirStation connect」の「WTR-M2133HPシリーズ」をベースに新たにセキュリティ機能を搭載し、PCやスマートフォン・タブレット端末に加え、テレビ・レコーダー、冷蔵庫、エアコンなど、広がるIoT家電・IoT機器をサイバー攻撃の脅威から守る。
 
「ネット脅威ブロッカー」の機能

 組み込んだセキュリティ機能には、情報通信研究機構(NICT)の委託研究による成果や、デジオンのセキュリティ組み込みサービスを活用した。子どものインターネットの使い過ぎを防ぐ「キッズタイマー」機能など、標準で4つの機能を備え、さらに「コンテンツフィルターPlus」「プッシュ通知」といったプレミアム機能を用意する。なお、プレミアム機能は有償で、製品に1年間無料ライセンスが付属する。継続して利用したい場合はライセンスの更新が必要。

 価格はオープン。税別の実勢価格は、WTR-M2133HSが3万円、スターターキットが5万3000円前後の見込み。販売中のWEM-1266は税別1万2000円。