misosil(ミソシル)は11月11日に、独自のAIシステムによって近隣店舗や企業の広告と、マンションやビルの掲示板をマッチングし、自動での収益化を可能にする「掲示板デジタルサイネージ化くん」の提供を開始した。

「掲示板デジタルサイネージ化くん」(イメージ)

 掲示板デジタルサイネージ化くんは、わずかなランニングコストで紙のプリントアウトを貼っていた掲示板をデジタルサイネージ化し、掲示物の貼り替えなどの業務を効率化できるシステム。さらに、掲示板と近隣の店舗や企業の広告とを、独自のAIシステムでマッチングし、遊休スペースの収益化を可能にした。

 掲示物はウェブ上で予約管理することができ、防犯カメラや見守りカメラとしても使える、オプションの「AIカメラ機能」を利用するとプライバシーに配慮した上で閲覧者の属性や人数を把握可能なので、住民やテナントに合った有益な広告情報を配信できる。なお、無線LAN環境のない場所でも使える。