リノベーション事業を展開するリノべるは、iCracked Japanと共同で、消費者の生活にあったスマート家電の設置と機器の連携を含めた設定代行サービス「iTech Deliver for リノベる。」の提供を11月5日に開始した。あわせて、中古住宅購入とリノベーションのワンストップサービス「リノベる。」の利用者に対して、スマートホーム提案(機器選定と設置場所の設計、提案)を標準化する。

リノベるが機器の選定からスマートホームの実現をサポートする
「iTech Deliver for リノベる。」を11月5日に開始した

 新サービスでは、消費者の理想の暮らしから逆算し、機器の選定とスマートホームに適した設計を提案する。例えば、「アレクサ、おはよう」の一言で、部屋のライトが点灯、エアコンがオンになり、ニュースと今日の予定が読み上げられ、テレビがつく、という一連の流れも実現できるという。

 自らで設定する手間を省くだけではなく、設置後のサポートも行う。各機器と連携した後に、ユーザー自身がカスタマイズもできるようレクチャーを実施。自身だけで、スマートスピーカーと新スマート家電の動作連携などが可能になるとしている。

 同サービスは、リノべるが現在の日本におけるスマートホームの普及率が低いことを受けて開発したもの。スマートホームに興味のある人や、スマートスピーカーを買ったはいいが持て余している人など、幅広く支援していく。