働き方改革が注目を集める昨今。最も手軽に業務効率を上げるなら、仕事をする上で手足といえるPC周辺機器を変えるのが手っ取り早い。デジタル機器に関心が薄かったり詳しくなかったりすると、何となく難しそうな話に思えてしまうかもしれないが、ロジクールが9月に発売した「MX MASTER 3 アドバンスド ワイヤレス マウス(以下、MX MASTER 3)」とキーボード「MX KEYS アドバンスド ワイヤレス イルミネイテッド キーボード(以下、MX KEYS)」は、そんな人でもすぐに恩恵を受けることができる。それぞれの製品を記者が実際に触れて、ときめいたポイントをピックアップしていく。

究極の快体験をもたらしてくれるロジクールの
「MX MASTER 3」と「MX KEYS」をレビューした

歴代モデルを圧倒 快適操作のブレイクスルー!

 まずは、MX MASTER 3の特徴を紹介したい。ロジクールのMXシリーズは、マウスの世界で圧倒的な信頼を得る同社の製品群の中でも最上位にあたる。画期的な機能も多く備えているが、注目すべきはシンプルに“使いやすさ”だ。一度触れてみれば、「このマウス以外、使いたくない」というファンが世界中にいることを納得してもらえるはずだ。
 
マウス界の頂点ともいえるMXシリーズ。
その最新モデルがMX MASTER 3だ

 最新モデルで記者がときめいた最初のポイントが、「マウスを握ったときの心地よさ」だ。人間工学に基づいて設計されたMXシリーズは、手のひらだけでなく、手首から肩までの筋肉がいかにリラックスできるかにまでこだわっている。手を置いただけで自然と力が抜けるので、長時間の作業も疲れにくくなるのだ。
 
楽なのは接している部分だけではない。
手首から肩にかけての筋肉がいかにリラックスできるかまで考え抜かれた設計になっている

 ……と、ここまでは歴代モデルを踏襲している部分なのだが、MX MASTER 3は何か違う。目視では分からなかったので、従来モデル(MX MASTER 2)と比較してみた。結果、判明したのがMX MASTER 3がMX MASTER 2より横幅が5mm短いということだ。わずかな差に感じるかもしれないが、感覚の差は大きい。MX MASTER 3の方が手がマウスにしっくりくる。
 
従来モデルのMX MASTER 2(右)との比較
 
MX MASTER 3はMX MASTER 2より横幅が5mm短い

 親指を置くマウスのくぼみやサムボタン、サムホイールの配置変更もこの心地よさの高まりの要因になっているようだ。こちらもMX MASTER 2とレイアウトの差が数mm。それでも心地よさの差は段違いといえる。マウスのくぼみに浅く溝を設けているのも、MX MASTER 3からの変更点。ささいなデザインチェンジではあるが、親指の安定感が非常に高まっているように感じた。
 
親指を置く周辺のボタンやホイールの位置にもこだわり

一気に1000行をスクロール! 新ホイールの高速モード

 次のときめきポイントが、こちらは見た目でも分かりやすく刷新されたスクロールホイールだ。メタリックな質感になり、デザインも洗練された印象だ。実際にホイールを回したときの感触も、かなり変わっている。無音だが指先にはクリクリとした微妙な振動が伝わり、正確なスクロールが行える。
 
高級感のあるメタリックな質感のスクロールホイール。
クリクリとした感触が心地よい

 通常でも十分に評価の高いこのスクロールホイール。しかし、真価は手前にあるボタンでモードを切り替えたあとに発揮される。「高速モード」と呼ばれるこのモードでは、ホイールの回転のとっかかりがなくなり非常に滑らかになる。例えるなら、ハンドスピナーのちょっとした力でいつまでもホイールが回転し続ける感覚だ。
 
ホイール下のボタンで高速モードに切り替わる

 Excelで1行目にカーソルを置いて、高速モードでスクロールホイールを指ではじくと、行が一気に流れていき、そのまま一気に1000行以上をスクロールすることができた。止めるときも指を軽くおくだけでなので、操作性も高い。1000行とまではいかなくても、通常のブラウジングでもかなり重宝する機能になりそうだ。
 
ちょっとホイールを回すだけでExcelのシートを
一気に1000行以上スクロールすることができた

[次のページ]無意識に正確なタイピングに誘導 長時間使って分かるメリット

  • 1
  • 2

次へ