LogicLinksは10月18日に、MVNOサービス「LinksMate(リンクスメイト)」のセット販売端末としてOPPO製スマートフォン「OPPO Reno A」を発売する。税別価格は、一括払いが3万4000円、24回の分割払いが月額1700円。

OPPO Reno A

 「OPPO Reno A」は、画面占有率91%、解像度2340×1080の6.4インチワイド液晶ディスプレイと、ゲームにも余裕で対応可能な6GBの大容量メモリを搭載し、再び注目を集める「おサイフケータイ」、防水に対応したスマートフォン。

 顔の296ポイントの特徴をキャプチャして、AIが独自のアルゴリズムで最適な補正を施し、美しいセルフィーが撮れる約2500万画素のインカメラや、快適なゲーム操作を実現する「ゲームブースト2.0」も備えている。

 このほか、CPUにはQualcomm SDM710、64GBのストレージ、1600万画素+200万画素のアウトカメラ、microSDXCカードスロット、nano SIMスロット×2基などを搭載する。OSはAndroid 9.0ベースで、使いやすさを高めたColorOS 6.0。サイズは幅75.4×高さ158.4×奥行き7.8mm、重さは約169.5g。カラーは、ブルー、ブラックの2色。

 LinksMateは、ゲームプレイヤーのためのデータ通信を提供するサービス。料金プランは5種類で、人気のゲームやコンテンツサービス、SNS(Instagram/Twitter/Facebook)のデータ通信量のカウントが90%以上割り引かれる「カウントフリーオプション」や、対象ゲームと連携すると各ゲームの特典がもらえる「ゲーム連携」など、独自の特典を用意する。