ソニーは7月26日、プロフェッショナル向けのフルサイズデジタル一眼カメラ「α9」並みのスピード性能を実現したコンパクトデジタルカメラ「RX100 VII」を8月30日に発売すると発表した。税別の市場想定価格は、本体のみ「DSC-RX100M7」が14万5000円前後、シューティンググリップキット「DSC-RX100M7G」が15万5000円としている。

ソニーが8月30日に発売する「a9」並みのスピード性能を持つコンデジ
「サイバーショット『RX100 VII』」

 新開発のメモリ一体1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RSと最新の画像処理エンジンと組み合わせることで、ポケットサイズながら高性能を実現した。4K動画撮影時のリアルタイムトラッキングや瞳AF、マイク端子を搭載するなど動画性能も拡充。広角から望遠、静止画、動画と、プロから一般ユーザーまで、幅広い層が本格的な撮影を楽しむことができる。
 
動きのある被写体もキレイに撮影することができる

 連続撮影中に毎秒最大60回でAF/AE演算処理を行い、動きやスピードに緩急のある動体に対して、高い精度でAF/AE追従が可能。357点の像面位相差の検出AFと、425点のコントラスト検出AFだけでなく、同クラスの製品では世界最速の0.02秒の高速AFにより、ピント合わせが難しいシーンでも被写体を高精度にとらえる。

 レンズは24-200mm、F2.8-4.5の広角から望遠までをカバーする高倍率。200mmの望遠時でも、4.0段分の補正効果をもつ光学手ブレ補正機能や優れた画像処理アルゴリズムで、遠い被写体や暗所でも高画質に撮影することができる。有効画素数は2010万画素、常用ISO感度は100~12800の幅広い感度域に対応している。